ご挨拶

花を通して「儀礼文化の継承」に役立ちたい

代表取締役社長 三島美佐夫

花は、ただそこにあるだけで人の心をなごませ、
心にゆとりをもたらす素晴らしい効果を持っています。
暮らしの中で、玄関にも食卓にも花が飾られるような、心が豊かな社会を実現すること、花のあふれる理想の社会づくりに貢献することが私たちの企業理念です。

当社は1974年の創業以来、生花祭壇事業を中心に、生花卸売事業、ブライダル装花事業の3本柱にて成長を続け、2006年には業界で初めて株式を上場しました。

当社の主力事業である生花祭壇事業では、故人の旅立ちを個性豊かに表現し、ご遺族の方々に感動していただける生花祭壇のご提案に努めております。
近年では、高齢化社会を背景に葬儀件数は増加する一方、近しい人だけで故人とのお別れを偲びたいというニーズの高まりにより、葬儀は小型化しております。

このように、生花祭壇事業をはじめ各事業を取り巻く環境を決して楽観視できる状況ではありませんが、このような時代であるからこそ、当社のポテンシャルを最大限に発揮し、競争を勝ち抜く好機であると捉えています。

私たちはいかなる時代においても、人生の節目において花を使う儀礼文化を継承していくことに大きな使命感を持ち、お客様により満足いただける商品・サービスの提供に努め、更なる成長・発展を遂げていきたいと思っております。

代表取締役社長三島美佐夫